私の履歴書⑬

【私の履歴書⑬】

今でこそ3000人規模の東証一部上場の総合人材サービス会社になりました
が当時はフランチャイズ展開をしていたということもあり、我々が本部から買
収された際には、50名ほどの社員数しかいないアルバイト派遣会社でした。
吸収合併されてもオーナーが変わったという以外ほとんど変化がなかったので
比較的スムーズに買収は成功したといえると思われます。
取締役営業部長からフルキャストの西日本本部長という肩書きに変わり西日本
(名古屋以西)の全体を取り仕切る立場になりました。
若干28歳の若さでしたので「俺なんかでいいのか?」という気もしたのですが、
役職が人を育てるというのもあるもので半年ほど本部長本部長と呼ばれて
いると勘違いも含めそれなりに本部長らしくなっていくものです。

当時は行け行け事業展開でしたので、3ヶ月に1度のペースで新規エリアへの
出店が続きます。当然、事業計画立案、不動産契約、人材採用、教育、登録者
募集、マーケティング、営業開拓とありとあらゆる仕事をこなしてきましたが、
本当に成長することができた数年でした。気がつくと部下社員が100名、
契約社員200名という組織に成長しており、当然一人では管理しきれないので
支店長との間に中間管理職のエリアマネージャーを配置し、役割分担、権限委
譲ということを理由に、稟議書のはんこをつくことのみが仕事となりつつあり
ました。

ある日、社長の平野さんから月に1度の経営会議で呼び止められます。

平野社長「たけちゃんさー!東京来ない?おもしろいよー!」
武並   「まじっすか?子供そろそろ生まれそうなんですが。。。
      でもなにやるんですか?僕。。。」
平野社長「うーん、会社いっぱい買っていこう!それと子会社いっぱい作って
      いこう!」
武並   「なんかおもしろそうですね!じゃあ4月から東京に来ますね」

当時のフルキャストは150億を超えそろそろ上場準備という時期に入っており
ました。IPO前の最終のファイナンスでも資金調達を相当しておりましたので、
子会社たくさん作って一気に事業の相乗効果を高め、でっかくしようという考え
です。

「でも嫁はんになんて言おう。。。」

1ヵ月後に東京ということは個人的には本当に複雑でした。
創業期に経理を手伝っていた妻は2年ほど前にやりにくいので退職してもらって
おり、やめて少しするとお腹が大きくなってきていて、予定日もまじかという時
期に来ていたのです。


私「とっ!とっ!東京に異動になってもうたー!」
妻「そろそろ生まれるっていうのに。。。転勤って事?」
私「そうなるなー!」
妻「実家に帰らせてもらいます!」
私「げーー!」

ということで妻は実家に私は東京にということになりました。
あくまで出産が理由なので住居を構えて落ち着けば後で来るとの事でした。
よかったよかった。
その後すぐに子供(男児)が生まれたのでなんとか生まれる瞬間は
大阪にいることが出来たのですが、まもなく東京への異動!
2000年4月から久しぶりの独身生活と言うことで、期待と不安で一杯です。

私の履歴書バックナンバー


---------------------------------------------
キャリアマート/武並博司

転職求人ならキャリアマート

人材紹介ならキャリアマート

新卒採用ならキャリアマート

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック