「活躍する派遣社員の条件」について

活躍する派遣社員の条件」について
派遣の職歴について、
派遣でも活躍される方は多数います。

派遣とか正社員とかアルバイトとか
それらはあくまで雇用形態の話であり、
雇用形態だけで、その方の能力や実績、就業に対しての意識や業務内容の評価をするのは困難であり危険です。

中途の人材紹介事業においてキャリアコンサルタントを長年やっておりましたが、派遣のご経験が長いと書類選考が通過しづらい事が多かった。
なぜか?
一般的に派遣社員には補助的業務や即戦力化しやすい業務を中心に依頼されることが多く責任あるポジションで仕事していたと思われにくい為にある。
また、派遣での就労を選らんだ背景として、長期間勤務を選ばなかったという点が中途採用の書類選考時には不安に移るようだ。

果たしてそうなのか?

派遣社員でも社員以上の難易度が高く習熟度を要する業務をこなす方は多数いらっしゃるし、時代背景的に派遣社員という道を安易な考えではなく選択せざるを得ない時期というのもあったりするので、派遣社員を選択した背景が重要になってくる。

それらがレジュメに反映されていると通過率も上がってくるのだろう。

書類で何が分るのか?ナンセンスであるが求人広告を出すと大量のエントリーがくるのも事実。
すべてあえない代わりに人材紹介会社のキャリアアドバイザーが間にたって、スクリーニングするというのも1つの手かもしれない。

中途採用代行チックな話に変わってきてしまった。(笑)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック