内定辞退、承諾後辞退率

「2012年度採用において、内定辞退、承諾後辞退率は高まると予測」
とTwitterに書き込んだら大きな反響を呼んだ。

辞退率アップの理由は2点

1)氷河期は2011年採用まで?
・氷河期と言われるがグランドOPEN時の就職サイトの対前年掲載社数は増加している
・大手の1社あたり採用人数も増加している
・採用枠数を増やした大手に優秀な学生が上から順番に吸い上げられている為です。

2)選考期間が後ろ倒しになっている
・東北地方の学生にも公平に選考に参加してもらえるよう
 震災の影響で大手人気企業が選考開始時期を6月にずらしている
・震災で約2週間選考がストップしている企業があり後ろ倒しになっている
・大学の授業が4月頭に始まらない学校が多数続出

以上のことから、掲載社数が増加しているが、学生の数自体はそれほど変わっておらず
前半就職氷河期のニュース等で危機意識だけは高い学生が多数の企業にエントリーだけはする為
学生一人当たりのエントリー社数の対前年は上回ることが予想される。
新卒採用前半戦となる3月末までは、エントリー数もセミナー参加者数も順調に推移する企業が目立ったが
GW前後の内定出し内定承諾回収を予定している企業にとっては、学生が態度をはっきりしないという
印象をお持ちなのではないだろうか?
それもそのはず、大手を受ける前に学生が中小ベンチャーへの内定を承諾すべきか悩んでいるようです。
また、一度内定を承諾した学生も、大手が選考を開始すると再度活動を開始するケースがあるため
予断を許さない状況です。

当社が内定を出すのはベンチャー志向の学生だけだから。。。

ベンチャー志向の学生のほとんどは大手でもOKな学生でありベンチャーしか興味ないという学生は
極めて少ないのが現状です。

経営者のみなさんが内定をだされている学生はこらからの大手企業の選考を受けないと言い切れますか?

対策としては、
・学生の活動状況の把握が重要です
・内定出しから承諾回収までに期間を柔軟に1to1で設定する必要性があります。
・内定者研修や内定者懇親会を通じて自社と学生がにぎること、さらには学生同士にぎらせることが重要

これらが重要と思われます。


新卒採用に関する全般的なご案内はこちら
新卒採用コンサルティングサービスのご案内はこちら
新卒採用アウトソーシングサービスのご案内はこちら

-お問い合わせはこちら-------------------
新卒採用お問い合わせ・資料請求
新卒採用お見積もり
中途採用ツールお問い合わせ
参考:弊社転職サイト
--------------------------------------

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック